2019年03月24日

【2015.4.4】SAKURA 2015

本日は私のカメラオールスター感謝祭(笑)

様々なカメラでとらえた今年の桜の様子です。


■D700

D700とX-A1の桜は先月末、桜上水で撮影しました。八分咲きほどで、満開まであともうちょいというところでした。この日は晴天に恵まれ、空と桜のコントラストを楽しめました。

フルサイズ機D700の描写は、やはりほかとは一線異なるタッチで、カリカリとした中心部と、フワフワとしたボケの両立が上手いです。

DSC_9127.jpg
Photo:Nikon D700 + AF-S24-85/3.5-4.5G



■X-A1

今年撮った桜で一番良い出来に仕上がっていたのがこのX-A1で、CMOSだけどフジらしい爽やかな感じがします。D700同様好感度が強く、ここまでカリカリかつ鮮やかな描写ですと、ファインダー付きのX-E1あたりも触ってみたいと感じてしまう禁断の果実、それがX-A1。

DSCF6105.jpg
Photo:FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS

「ドラマチックトーン」を使うと、肉眼では見れない変わった視点から楽しめます(^^♪

DSCF6085.jpg
Photo: FUJIFILM X-A1 + XC16-50/3.5-5.6OIS ドラマチックトーン



■K10D

ピントずれが指摘された(詳細後日)K10Dですが、桜の撮影ではほとんど不便を強いられることなく、D80に近い仕上がりの絵が出てきました。CCDだけどD80同様のあっさりとした色目です。解像度も申し分なし。

IMGP7294.jpg
Photo:PENTAX K10D + DAL18-55/3.5-5.6AL


■α77

久々に使ったα77ですが、低感度での力の発揮ぶりは相変わらずです。3軸チルト液晶がバリバリ使えるのもα77の良いところですね。解像度はイマイチだけど、ボケ味は一級品です。

DSC05828.jpg
Photo:SONY α77 + SIGMA18-50/2.8EX DC MACRO



■COOLPIX2000

13年前のクールピクス2000の200万画素でも、充分桜は楽しめます。ISO上限が100なので風が強いと厳しいですが、無風かつ明るい時間帯なら申し分なく撮れます。白飛びしやすいのが難点ですが、発売時期を考えるとむしろ優秀。ニコンらしく、CCDだけどあっさり目の色彩です。マクロモードは桜のクローズアップに強い威力を発揮出来ました。

DSCN0053.jpg
Photo:Nikon COOLPIX2000



■D50

では一方で、一眼レフのほうは、といいますと、こちらも申し分ない描写です。中級機のD80やK10Dと違って、ややこってり目の色が出てきます。D50はエントリー機で、ややリアルさを犠牲にしてターゲットのファミリー層に合わせた色彩なんでしょうね。これはこれでいい味出していると思いますが。

DSC_0057.jpg
Photo:Nikon D50 + AF-S24-85/3.5-4.5G

DSC_0063.jpg
Photo:Nikon D50 + AF-S24-85/3.5-4.5G



■LUMIX G1

G1とE-M5はオールドレンズとの描写も見てみました。

パナらしくリアルに近いスッキリとした仕上がりなのが特徴になってます。FDレンズとの相性も良く、G1特有のくせのあるシャープ感を味わえます。

P1020962.jpg
Photo:Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC

P1020970.jpg
Photo:Panasonic DMC-G1 + FD28/3.5SC

 

■OM-D E-M5

最後はE-M5。パナレンズとの相性が良いだけでなく、テッサーのくせのある色合いがかなりいいです。アートフィルターの「ポップカラー」と合わせれば、さらに桜の味が引き締まった感じになります。解像度も良好です。

P4020691.jpg
Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + Tessar2.8/50

P4020724.jpg
Photo:OLYMPUS OM-D E-M5 + LUMIX G14-45/3.5-4.5

 

今年は去年移行に導入したカメラでとった桜を見てみましたが、どのカメラにも一長一短ありまして、その違いが端的に現れるのがこの桜の描写だと思っています。

今年は天気に悩まされ、地元での撮影は残念ながら曇天で、ここ一週間先ずっとぐずついた天気で非常に残念です。

来年は、快晴の空の下で思いっきりシャッターを切ってみたいものです。



■番外編

EOS 20Dを久々に使いました。非純正バッテリーはさすがにかなりくたびれているようで、途中で電池切れしました。

描写はいかにもキヤノンらしい味………

私はあんまりキヤノンの色好きじゃないんだよな。万人受けであるのはよく分かるんですが、なんかそのせいか味気ない印象で………

IMG_0576.jpg
Photo:Canon EOS 20D + TAMRON28-200/3.8-5.6

***

★最新記事は「てつぱら!新館」で更新しています。









posted by なすのぞみずほ at 12:09| Comment(0) | カメラ

2019年03月19日

【2014.12.23】α7000のフィルム現像

先日、α7000で撮影したフィルムを現像に持って行きました。


プリントはせず、現像とCD化のみやってもらって1,055円。フィルム現像もだいぶ値上がった感がありますが、今年の消費増税の値上がり感は殆ど感じられません。
α7000には露出が絞り開放以外はF22に絞られる特有症状があるのが多いですが、私が買ったジャンクはそういう症状は一切なし。プログラム撮影も安心して行えます。
色味はデジタルには再現できない風味の色、こってりとした感じで、味わいがあります。動き物もしっかりピントがあっていて、α77のほうが悪いんじゃないか?とも思えてきます。

とてもレンズ付きで300円とは思えないです。本体よりもフィルムと現像代のほうが高くて、普段から持っていくのは惜しいですが。


以下、作例です。フィルムはフジのカラーネガフィルム・スーパープレミアム400です。

FH000006.jpg
Photo:MINOLTA α7000 + AF28/2.8

FH000017.jpg
Photo:MINOLTA α7000 + AF35-70/4

FH000012.jpg
Photo:MINOLTA α7000 + AF75-300/4.5-5.6II

***

★最新記事は「てつぱら!新館」で更新しています。









posted by なすのぞみずほ at 12:52| Comment(0) | カメラ

2019年03月17日

【2015.3.19】ミクスペリアが壊れた〜(;_;)

合宿前の話です。

ミクスペリアがデスクから落下して、液晶があぼーんしました(;_;)

液漏れしてしまって完全にダメになってしまったので、翌日ドコモショップへ行きました。


幸い、あんしんパックなる保障に入っておりましたので、修理と保障お届けサービスのどちらかから選べました。

修理ですと2週間かかるということで、2週間もずっと代替機生活は辛いですので、翌日には届けてくれるお届けサービスの方を選びました。追金は5,000円で済んだのが幸いでした。

さらに、私は明日は家にいないことをお届けサービスの方に伝えまして、無事合宿初日に宿泊先で受け取れることになりました。

至れり尽くせりですね。


代替機は黒のSO-04Eを貸していただけました。ケース等も流用できて助かりました。

2日間の辛抱となります。

ただ、携帯不通時のためのサブ機を持っておいた方がいいのかな、と思わせられた出来事でした。


その後の顛末は合宿レポの中で!

***

★最新記事は「てつぱら!新館」で更新しています。








posted by なすのぞみずほ at 06:34| Comment(0) | 日記

2019年03月16日

バルス!!

ついさっきまで、初めてバルス祭りに参戦してましたw

2時間半だと30分アニメにしか慣れていないワイは普通だと結構長く感じてしまうんだけど、意外とあっという間に感じました。
パズーとシータが並んでるところでバルスの字幕を入れたかったけど、カメラがもたってたので轟沈でした(笑)

DSC_0366.jpg

★最新記事は「てつぱら!新館」で更新しています。








posted by なすのぞみずほ at 20:13| Comment(0) | 日記

2019年03月05日

【2015.2.17】NEX-F3 MEETS Tessar LENS

NEX-F3用のM42マウントアダプターがこの間到着し、早速ぶん回してみました。

Eマウントだと高価なAF純正ツァイスという手もありますが、オールドツァイスもなかなか似合います。

P1020942.jpg
Photo:Panasonic DMC-G1 + G14-45/3.5-5.6


名古屋の街へ試写に行きました。

DSC00091.jpg
Photo: SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8

ボケというよりかは、シャープさを狙うったほうが美味しいみたいです。


DSC00115.jpg
Photo: SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8
大須観音。

いいカリカリ具合です。NEXのセンサーの描写とテッサーの色合いがよくマッチしていて、スッキリとしています。


DSC00125.jpg
Photo: SONY NEX-F3 + Tessar50/2.8


こんなものはキットレンズのSEL1855ではAFが遅すぎてほとんど撮れませんが、MFなら自由自在。
狙って撮るのもありだし、行き当たりばったりも非常に面白いです。


あと、NEX-F3の液晶は非常に見やすいですので、ピーキングがしやすいのも◎なんですよね(^^♪
しばらくはテッサーでNEXの描写を楽しんでみようと思います(^^)


***

★最新記事は「てつぱら!新館」で更新しています。








posted by なすのぞみずほ at 16:33| Comment(0) | カメラ