メニュー


ウォークマンNW-A16音質レビュー!vs F805/S755/E042

\ シェアする /

昨日に引き続き、ウォークマンNW-A16ネタ。本日は音質比較編です。

 

今回比較するのは、

・NW-F805

・NW-S755

・NW-E042

の3機種。同じ音源をx-アプリで転送し、ほぼ平等な環境で比較を行いました。

 

設定は以下の通りです。

・音源は全く同じx-アプリに保存されている音源とする

・イコライザー、クリアステレオ、DSEE HX等音質設定は全てオフに設定

・イヤホンはクリプシュのX5(低音がよく出るバランスド・アーマチュア型イヤホン)を使用

 

■1曲め AKINO with bless4の「エクストラ・マジック・アワー」(コーデック:ATRACロスレス)

この曲は今期アニメ「天城ブリリアントパーク」のOP曲で、テンポが早くドンシャリ感のある楽曲。

・A16 バランス良く出ている。低音は少し物足りなさを感じるが、次第点だと思う。解像度はかなり良好。ノイズも殆ど感じない

・F805 A16と比べると若干低音寄り。概ね良いが、高音の伸びが貧弱でノイズがわりかし多い

・S755 傾向はA16と似た印象だが、高音の伸びがちょっと足りない。解像度ではA16に劣る

・E042 ドンシャリ。聞いてて楽しくなる音だが、その分聞き疲れやすい。解像度は低めだが、ノイズは少なめ。5年前の機種であることを考慮すると非常に健闘している。

総合的にはA16が一番スッキリしていて気持ちがいい。

 

■2曲め AKB48「ゴールデンレトリバー」(コーデック:AAC)

リズムの良さと高音の伸びが大きいのが特徴の曲。

総合的には、どの機種も殆ど差は見られなかった。

やはり傾向としてはA16/S755とE042/F805とでは音の味付けが若干違う模様。

 

■3曲め ゆず「Yesterday and Tomorrow」(コーデック:ATRAC3)

・A16 1曲めと同じで低音が若干抑え目のスッキリとした仕上がり。ボーカルや伴奏の高音の伸びは非常に◎

・F805 弱ドンシャリ。聞いていて非常に楽しい傾向の音。解像度も合格点。

・S755 やはりA16と似た印象。解像度は他の機種に比べるとちょっと物足りない。

・E042 F805と似た傾向の音。かなり大健闘している。

A16の音も繊細で良いが、どっちかというとF805やS755のほうが味付けがあって私的な好みは後者のほうかな。

 

■4曲目 じんせーず「人生☆キミ色」(ハイレゾ楽曲・コーデック:FLAC 44.1/24bit)

夏アニメ『人生相談アニメーション「人生」』ED曲。FLACに対応したA16とF805のみで比較。ソースダイレクトで再生。

・A16 低音の出がテンポ良い。高音の伸びが◎

・F805 A16とではそれほど差はない。若干味付けがくわえられている感じはする。

 

音の傾向は、低音が若干抑え目でスッキリとした傾向のA16/S755と、低音がしっかりと出ていてドンシャリ感のあるF805/E042の2つに大別できそうです。前者は聞き疲れしにくいスッキリとした音、後者はフラットな音調でも楽しく聞けるようなはっきりとした音色だと感じました。

また、A16は解像度が非常に高く、機器由来のノイズも殆ど感じられませんでした。その点においてもA16は非常に有利ではないか、と感じました。

また、5年も前の機種であるE042が非常にハキハキとした心地いい音色であることも気づきました。あれだけ音質がクソだと思っていたF805もかなりいい結果が出て、ちょっと見直しました。

 

いやぁ、聴き比べしないとA16の真の価値はわからないと思いますね。

皆さんもぜひ聴き比べをしてみると良いと思いますよ。

***

★最新記事は「てつぱら!新館」で更新しています。






\ フォローしよう /

\ シェアする /

こちらもどうぞ


PAGE TOP