メニュー


Tessar 2.8/50

\ シェアする /

お伝えしました通り、丸栄の中古カメラバーゲンで見つけたものをざっと解説。

 

まずは今回一番の目玉、ツァイスのTessar 50mm F2.8から(ツァイスでは今日のタイトルのように開放F値から書くのが正式名称だそうですが)

このレンズは当時の東ドイツの法人であったCarl Zeiss Jenaが製造したものらしいです。ゼブラ柄等多彩な種類があるようですが、私が購入したのはブラックモデルとなります。

西ドイツのツァイスも同じ焦点距離・開放F値のテッサーを作っていたようですが、西独のテッサーに比べ、東独のそれは非常に安価とのこと。

 

このテッサーはカメラのヤマゲンさんのブースで見つけました。M42マウントです。お値段は16,800円で非常にリーズナブル。

価格だけでなく状態もSランクの「極上品」!!カビや曇りはもちろん無いですし、非常にきれいな外観。もう買わない理由がなかったです。

同じブースでM42-M4/3のマウントアダプターも買いました。

 

大須へ移動して、早速G1に装着。

 

G1では換算100㍉の中望遠レンズになります。

同じ焦点距離としてより大口径なFD50/1.4もありますが、それと比べると非常にコンパクトで軽く、持ち歩きが捗りそうですね。

 

作例は価格.comのG1のスレにて公開しておりますので、ご覧ください。

 

M42マウントはツァイスだけでなく、PENTAXなども採用しており、PENTAXのタクマーレンズは非常に安価で売られているので、今後買ってみたいと思っています。

 

***

 

★最新記事は「てつぱら!新館」で更新しています。







\ フォローしよう /

\ シェアする /

こちらもどうぞ


PAGE TOP